オーダーカーテン

市販のカーテンだと、どうも物足りないという人には、オーダーカーテンが良いです。
なぜなら、生地の素材や色、デザインや光沢具合、刺繍など、迷ってしまうほどの種類があるからです。
世界に1つしかない自分だけのカーテンを作れるというのは、オーダーカーテンならではの醍醐味です。
それから、家をオーダーメイドで作っている場合は、窓の大きさも幅も一般のと違う場合があり、その大きさに合わせてカーテンを作ってもらうことができます。

これまでホームセンターの安価な製品を中心に選んでいたせいか、マンネリ感が否めなかった 我が家のカーテンですが、この度思い切ってオーダーカーテンを注文し、その素晴らしさに気付きました。
オーダーカーテンなら部屋のインテリアに調和する様、微妙な色合い違いのラインナップから 選択する事が出来、またデザイン的にも十分満足ゆくものでした。
もちろんオーダー制ですから窓や扉のサイズにぴったり合わせてサイズの調整もする事が出来、 買った後でサイズ違いで後悔する事がないのが嬉しい点でした。

カーテン通販

男の一人暮らし、アパートには最低限のものがあれば良いと考える人も多いのでしょう。
ですが生活をして行く上で、改めて購入が必要なものとして、カーテンがあります。
カーテンのない窓、特に夜の窓はみっともないのですから、早めに対処する必要に迫られるのでしょう。
そんな時、便利な方法があります。
インターネット通販が発達した時代ですから、この通販で購入すれば良いのです。
上手く注文出来れば、場所によっては明日届くと言うサービスも実施される時代ですから、下手に歩き回って良いものがないと失望するより、良い結果が待っていると考えられます。
カーテンの種類には、遮光制と呼ばれる光を遮るもの、ドレープと呼ばれる一般的なもの、レース製のものがあります。
男子一人の生活では、ドレープと呼ばれるものがあれば十分ではないでしょうか。
外の明かりが、どうしても気になると言う方は遮光制が良いのでしょう。
あとは、大きさと模様を確認することで、簡単に注文が出来ると言う便利さが待っているのでした。

遮光カーテン

多くの皆さんは「遮光カーテン」と聞くと、単純に光を遮る機能しかない物だと判断されがちなようですが、実はあれば大変重宝する物だったりするんですよ。
まず遮光カーテンの生地というのは当然通常のカーテンと比べてぶ厚くなっていますから、特に冬場などは窓の外からの冷気が室内に侵入してくるのをしっかりと防いだり、逆に室内の暖房機器を使って暖めた空気の熱を外に逃がさないという断熱効果の高さは特筆すべきものがあります。
特に冬場の気温低下の著しい北国にお住まいのご家庭などは、室内にぶ厚い遮光カーテンを吊るだけで月々の電気代を相当節約する事が可能なんですよ。
逆に夏場は外からの強烈な日差しの侵入をしっかりと防いでくれますから、室内温度の上昇も抑えられるのでこれまた夏場の電気代を大きく節約できる効果が期待できるんですよ。
またお仕事が夜に働くのが中心で、完全に昼夜逆転生活を送っておられる皆さんにとっても、日中であっても真夜中のような環境を作り出せるこのカーテンは、やはり必需品であると言えるでしょう。

防炎カーテン

防炎カーテンとは、引火を防ぐ効果の有るカーテンの事を言います。
本来、布と言う物はとても燃えやすく出来ていますよね。
煙草の火など、些細な火でもカーテンに移る事でどんどん火が大きくなってしまう事もあるでしょう。
しかし、防炎カーテンを使う事で、火事を防ぐ事が出来るのです。
防炎カーテンが多く使われている場所は、屋外の人が多く集まる事でしょう。
病院、映画館、公民館等、複数の方が集まる場合はどうしても火事になる可能性があります。
また、もし火事になりそうな時に被害を最小限に抑える働きがあるのでしょう。
そういった所では、防犯の観点から防炎カーテンが義務付けられている場合も多いのです。
また、最近では一般家庭でも防炎カーテンを使用する家庭が増えました。
防炎カーテンを使う事で、もし火事になった時に被害を最小限に防ぐ事が出来ると言います。
特に、年配の方や小さな子供のいる家庭です。防炎カーテンを使い安全性を高めると言う家庭が多いのでは無いでしょうか。
燃えやすい素材を使った防炎カーテンなので、安全性は守られています。
防炎カーテンを作る時は、防炎性能試験に合格した物が多く、防炎ラベルが貼られているのです。
防炎ラベルの有るカーテンは、防炎カーテンの中でも特に信頼出来る品質の物でしょう。
防炎カーテンは、元から防炎の物が殆どですが後から防炎として加工する事も出来ます。
一度火事に有ったから、通常のカーテンを買ったけれども後から防炎を行いたい等と言う方は後から防炎機能を付けたしても良いかも知れませんね。